栄町法律事務所 本文へジャンプ
刑事裁判の被害者参加制度


 交通事故で被害者が死亡するなど重大な被害が生じたときには,検察官が加害者を刑事裁判(犯罪者の処罰を求める裁判)にかけて処罰することになりますが,従来は,被害者が刑事裁判に参加する機会が十分に保障されてきませんでした。
 しかし,平成20年12月から,死亡事故など重大な被害の生じた事件の被害者の家族などが,裁判所の法廷で,証人尋問や加害者(被告人)への質問,論告 求刑(犯罪の態様や処罰の程度に関する意見)を述べることなどにより,刑事裁判に参加できる制度が設けられました(被害者参加制度)。

 当事務所でも,交通事故被害者またはそのご家族の方が,加害者の刑事裁判に参加されたい場合に法的な知識・経験を生かして,お手伝いすることを行っております。
 当事務所で,交通事故の民事事件(加害者・保険会社に対する賠償請求)と同時に被害者参加を依頼される場合は,被害者参加の弁護士費用は頂かない事にしています。特に法的関係が複雑な事件の場合,被害者参加人の代理人として私たちが,刑事裁判において情報収集する事が,後の民事事件でも大きな効果を発揮することになると思われます。私たちは,このような手続も数多くの経験をしており,有効な情報収集が可能と考えます。すでに刑事事件の途中であってもご相談頂ければと思います。

  

所在地 兵庫県神戸市中央区元町通6−1−1(電話 078-367-3611)
栄町法律事務所


栄町法律事務所
弁護士  中 島  賢 二 郎
  近畿弁護士会連合会交通事故委員
  日弁連交通事故相談センターあっ旋委員
  日本交通法学会会員

弁護士  安  東  直  哉
  日本交通法学会会員
弁護士  吉  田    皓
  日本交通法学会会員
(兵庫県弁護士会所属)


本ホームページは,著作権法により保護されています。私的使用のために複製するなど法の許容する範囲での利用は可能です(例・メモ代わりにプリントアウトするなど)。しかし,それを超える使用については著作権者の承諾を得て下さい(例・他のホームページでの文章・図表の使用など)